外国為替証拠金取引の注文の種類

・新規成行注文
新規成行とは、値段(レート)の指定がなく、
お取引に提示されているレートを見ながら注文する方法を言います。

・指値注文
指値注文とは、注文時にあらかじめレートを指定する方法を言います。
現在レートより低いレートでの買注文、高いレートでの売注文です。
指定した値段になると執行されます。 (現在レートより有利なレートを指定して行う注文を言います。)

・逆指値注文
逆指値注文とは、現在レートよりも高いレートでの買注文、低いレートでの売注文です。
指定した値段になると執行されます。(現在レートより不利なレートを指定して行う注文を言います。)

・IFD注文
IFD注文とは、新規注文とその注文が成立したら自動的に有効となる決済注文をセットで出す注文方法です。
あらかじめ、買う(または売る)値段と売る(または買う)値段を決めたい場合に利用します。
この場合、1番目の注文が成立しなければ、第2注文も無効のままになります。

・OCO注文
OCO注文とは、新規注文に対して指値注文、または逆指値注文を同時に出して、一方の注文が成立すると、
もう片方の注文がキャンセルされる注文方法を言います。
手持ちの通貨の価格が上昇した際の利益確定と、下落した際の損失限定の注文を同時に出すことができます。

・IFO注文
IFO注文とは、IFDとOCOを組み合わせた注文方法です。新規注文に対して指値注文、または逆指値注文を出して、
同時に利益確定と損失確定の決済注文を出すことができます。
IFDの決済注文としてOCOの方法を用いて利益確定と損失確定の注文を同時に出しておくことが可能です。

・トレール注文について
トレール注文とは、相場の変動に合わせて逆指値を変更することにより
実勢レートに合った逆指値を執行するために用いられます。
(値動きに合わせて逆指値の水準を変化させて、価格の変化についていく機能です。)
※実勢レートが1pips更新されるごとに、逆指値の指定レートも同様に1pips毎に更新となります。

サブコンテンツ

ページトップに戻る